【冤罪】痴漢に間違われた時に絶対に言ってはいけない言葉はどっちでしょう「A:すみません」「B:何ですか?」

痴漢に間違えられた時に言ったら人生が終了する言葉

電車やバスの中で突然、女性が悲鳴を上げてあなたを痴漢呼ばわりしてきたらどうしますか?
普通なら叫ばれた時点で「あぁ、終わった」と思うかもしれません。しかし、冤罪も以前に比べて少しずつではありますが改善されてきていますので、今回は正しい冤罪回避の方法を紹介します。

何もしていないのに痴漢呼ばわりされたら…

痴漢 冤罪
まずはこんな状況だった時、あなただったらどんな言葉を返しますか?

『混雑した電車で、そばに立っていた女性があなたを睨みつけて「やめてください!」と声を上げました』

A:とりあえず『すみません』と言う
B:『どうしましたか』と尋ねる

ここでもしAを選んでしまった人、かなりの確率で冤罪が成立してしまい現行犯逮捕、会社をクビになり家族を失い財産も失い人生が終了します。
では、Bを選べば助かるのかと言われたらそういうわけでもなく『冤罪が回避できる確率が上がる』というレベルです。

よく、女性に身分証を提示してその場から立ち去れば大丈夫という声を聞きますが特に法的根拠は無いです。
身分証を提示して連絡先や身分を明らかにすれば、刑法上は現行犯逮捕の要件が失われるので結果的に「現行犯逮捕は無い」というだけです。

女性が食い下がって冤罪と認めなければどんどんこじれていくことになります。
痴漢 冤罪

ではどうすれば良いのでしょうか?

最善の策は、真っ先に弁護士を呼ぶということです。
留置所に入れられてからでは遅いです。もっと言うならば駅員室に連れ込まれる前に呼ぶことです。

弁護士を召喚することが出来れば冤罪を回避する確率は各段に上がるので、痴漢に間違われた時は緊急連絡先を明記している刑事事件専門の弁護士事務所などに素早く連絡しましょう。