【速報】那覇空港で戦闘機F15のタイヤが外れ滑走路閉鎖、あわや爆発を伴う大事故寸前【画像】

那覇空港で空軍戦闘機F15の前輪が外れるトラブル発生、滑走路が閉鎖され民間人にも影響

30日午後1時20分頃、沖縄県の那覇空港で航空自衛隊の戦闘機「F15」の前輪が突然外れるというトラブルが発生しました。
戦闘機は滑走路で立ち往生したため、一時滑走路が閉鎖される事態となりました。

戦闘機のタイヤが外れ滑走路を2時間閉鎖

F15
戦闘機は航空自衛隊那覇基地所属のもので、この日は4機で飛行訓練を行う予定だったそうです。
故障機も含め4機が滑走路を移動していた際に突如前輪が外れ、自走が困難となったため滑走路は約2時間に渡って閉鎖されました。

那覇空港は全長3キロと広いですが、民間機と自衛隊が共同で使用しているため今回のようなトラブルが発生した場合は民間機も離着陸が不能となってしまいます。

この影響で欠航便などが相次ぎ、約4800人に影響がでたとのことです。
F15
滑走路で故障した戦闘機は重機を使用して移動させたそうで、原因について調査を開始しています。
航空自衛隊は、滑走路に障害物などは無く出発前の点検でも機体の異常は見当たらなかったとコメントを発表しています。
F15

離陸前に外れたというのが不幸中の幸い

今回は滑走路を移動している時に外れたということで大事故にはなりませんでした。
しかし、離陸した後に外れたとなると絶望的な結果になっていたでしょう。

戦闘機は旅客機のように胴体着陸というわけにはいかないので、タイヤは一番と言っても良いほど重要な点検項目のはずですが…。
原因が特定でき、発表があり次第更新していきます。