【真相】浅井中学3年飛び降り自殺 学校側が担任のイジメを認める!!

2017年2月14日

浅井中学3年飛び降り自殺 学校側がPTA総会開き、事情を説明。担任のイジメを認める!

 

6日の午後11時半ごろ、大阪市北区のJR大阪駅周辺の商業施設「グランフロント大阪」の7階から、愛知県一宮市立中学校の3年男子(14)飛び降り自殺を行った事件の続報。

学校側は12日の夜に臨時のPTA総会を開き、保護者に事情を説明しました。その中で、学校側は「担任の教諭に男子生徒をいじめるなどの問題があった」と担任によるイジメがあったことを認める発言をしていたことが明らかになりました!

どのようなイジメが行われていたのかは明かされていませんが、生徒を守る・指導する立場の担任教諭によるイジメ…。男子生徒が傷つけられていたことは間違いありません。

飛び降り自殺現場 画像

事件の続報現場画像

 

携帯電話とゲーム機に遺言書

飛び降り自殺を図った男子生徒は、携帯電話に遺書のようなメモを残していたことが判明しており、メモの中には「担任に私の人生を壊された」と記されていました。また男子生徒が友人に渡していたゲーム機にも「遺言」とする5日付の文書が保存されていたことが判明。遺書には「私の人生全てを壊された」と記されていたそうです。

14歳という若さで自ら命を断つ選択をさせるまで追い込んだ担任教諭のイジメ。学校側には徹底した再発防止を図ってもらいものです。

関連記事[clink url=”http://gatyapin.info/2017/02/11/%e3%80%90%e6%b5%85%e4%ba%95%e4%b8%ad%e5%ad%a63%e5%b9%b4%e7%94%b7%e5%ad%90%e3%80%91%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%81%8b%e3%82%89%e9%a3%9b%e3%81%b3/”]