長崎県佐世保市で女子高生が飛び降り自殺、パジャマ姿で頭から血を流し踊り場にはスリッパが並べて…

長崎県佐世保市で女子高生が飛び降り自殺を図り死亡

13日午前9時20分頃、長崎県佐世保市赤崎町の住宅で女性が頭から血を流して倒れているのを住民が見つけ110番通報しました。

女子高生が6階から飛び降り自殺か

佐世保 女子高生 飛び降り
倒れていた女性は同県内の高校に通う1年生の女子生徒(16)で、女子生徒は搬送先の病院で死亡が確認されました。

女子生徒が飛び降りたとされているのは6階建ての市営住宅で、5階と6階をつなぐ踊り場でスリッパが並べて置いてあるのが発見されました。

女子生徒はパジャマ姿だったそうですが、衣服に乱れはなく誰かと争った形跡もないため警察は自殺の方針で捜査を開始しています。

現在のところ遺書などが発見されたという情報は公開されていませんが、スリッパを並べて飛び降りていることから「元より自殺をする体だった」ため、今後遺書が発見される可能性があります。

さらに、同日の早朝に「12日の夜から行方が分からない」という女子生徒の家族からの相談があり、署員らが捜索していたそうです。

見解

女子生徒が飛び降りた理由などが捜査中であるため、まだ何も分かりませんが相応の悩みがあったと思われます。

パジャマ姿で発見されたということで夜に家を抜け出して夜中に飛び降りたのでしょうか。

追加情報が配信され次第追記していきます。