【容疑者画像あり】3年間で8億円越えの荒稼ぎをした派遣型売春クラブの経営者を逮捕!

3年間で8億以上の売上!派遣型売春クラブの経営者ら6人を逮捕!

 

東京都台東区の鶯谷地区で、派遣型の売春クラブを経営し売春をあっせんした疑いで経営者ら6人が逮捕される事件が発生しました!

逮捕されたのは、派遣型売春クラブ「ラブフェアリー」の経営者・及川公一容疑者(39)ら男女6人。逮捕容疑は売春防止法違反の疑いとなっています。

及川公一容疑者 画像

及川公一容疑者

及川容疑者らは今月の11日に、60代の男性から電話で女性の派遣を依頼され、女性(23)をホテルに派遣し売春をあっせんした疑いが持たれています。及川容疑者らは警視庁の取り調べに対して、全員が容疑を否認しているそうです。

2016年の7月ごろに付近で同様の形態の3店舗が摘発されており、逮捕された男らの供述からこの店での売春行為が発覚したという。警視庁の調べによると、「ラブフェアリー」には100人程の女性が在籍させており、約3年間で8億4000万円を売り上げていたと見ています。

3年間で8億以上の売上を上げているとすれば、この事件にはもっと多くの人間が関与している可能性もあります。未成年者の女性が関わっているとの情報は今のところありませんが、無理強いをさせられた女性被害者もいるかも知れません。