土地転売詐欺「地面師」が7000万の詐欺で6人逮捕!

土地転売詐欺「地面師」6人逮捕!

土地の転売を装い現金7000万程度をだまし取ったとして、土地転売詐欺師
「地面師」のグループ6人が逮捕されました。
主犯格となる東京都中央区の会社役員である宮田康徳容疑者(54)は容疑を認めている。

土地転売詐欺の手口

 
「地面師」のグループである6名は、横浜市の不動産会社に
東京都墨田区の80代女性が所有する土地を勝手に転売できるかのように装い、
「転売先が資金調達できないので一旦購入してもらいたい」と事実無根の情報を伝え
土地と建物(約350平方メートル、3階建て)から立ち退くことを記した偽造の「立退承諾書」を提示し、
不動産会社を信用させ、7000万をだまし取ったとし詐欺容疑で逮捕されました。
過去に別の「地面師」は土地の所有者本人になりすまし、不動産売買を行う「地面師」もいました。
その時は信用させる為の書類として印鑑証明や身分証明書を偽造していました。

「地面師」グループは巧妙な手口で、書類なども偽造し所有者や仲介者になりすまし、
本当の所有者が知らないうちに転売してしまうため、不動産会社や所有者が気付きにくい事があります。
今回の土地転売詐欺では、女性側が土地や建物の登記が勝手に移されていた事に気付き、警察に相談した為
判明しました。
警察庁は、まだ余罪がないかを調べています。