広島県山陽道の高速で走行中のバスが炎上!奇跡的に負傷者ゼロ!

広島県の高速で走行中のバスが炎上!乗客ら16人避難!

14日午前7時20分ごろに、広島県東広島市の山陽自動車道下り志和インター付近で
走行中の高速バスから出火!
その後バスは全焼したが、運転手と乗客含め16名は避難した為、奇跡的に
負傷者はゼロだった。
このバス炎上で高速は下り線の西条インターから志和インターが一時通行止めとなった。

バス出火の原因は?

中国バスの営業所から県警高速道路交通警察隊や東広島市消防局に
「走行中のバスから火が出た」と連絡が入っており、
このバスに乗っていた乗客は「前輪付近から白煙が上がった」と証言しています。
まだそれ以上の原因はわかっていない為、詳しい出火の原因は警察が調べているようです。

その後の乗客は?

この炎上したバスは、JR尾道駅を出発し広島市にある高速バスセンターに向かう途中だったようで
炎上した場所付近の志和インターに一時避難し、中国バスが用意した
タクシーに乗り無事高速バスセンターまで送り届けられたみたいです。

運転手が早めに気付き、乗客を避難させた事で負傷者がでなかったのでしょう。
事前にバスの点検は行われていたと思いますが、このような事態になった原因はバス会社にもあります。
今後同じような事が起こらないように、注意して頂きたいですね。