福島県南相馬市中2女子自殺、自宅から見つかった遺書でいじめがあったことが判明

福島県南相馬市中2女子自殺、自宅から学校に関する遺書のようなものが見つかる

2月11日、福島県南相馬市の自宅で同市立中学に通う2年生の女子生徒が自殺していることが判明しました。

この女子生徒は学校側にいじめを受けえていると相談していたことも判明していることから、調査をしていると自宅から遺書のようなものが発見されました。

自殺した女子生徒の真意

南相馬市 中2 自殺
女子生徒は2016年7月にいじめのアンケートを取った際に「いじめを受けている」と回答していました。

この回答に対して学校側は女子生徒をいじめたとされる生徒に個別指導をしていましたが、2017年1月に再度「嫌がらせを受けている」という相談をしていることが判明しました。

学校側は対策を練っているところでしたが、2月11日に自殺を図り死亡という最悪の形になってしまいました。

同じ中学に通う生徒は自殺した女子生徒に対して「みんなから避けられているようだった」と取材に答えるなど、日常的にいじめがあったとされています。

また、女子生徒の自宅からは遺書のようなノートが見つかっており「学校に行きたくない」などと書かれていたそうです。

市教育委員会は自殺した女子生徒といじめに因果関係がないかを調査しています。