【外道】沖縄うるま市女性強姦致死事件 元軍属のシンザト容疑者が女性蔑視発言が酷すぎる・・・(画像)

沖縄うるま市女性強姦致死事件 シンザト容疑者が女性蔑視の衝撃発言!反発必至!!

 

昨年の4月に沖縄県うるま市で起きた女性強姦致死事件。この事件では元米海兵隊員のケネス・フランクリン・シンザト被告(33)が逮捕されています。

ケネス・フランクリン・シンザト被告 画像

ケネス・フランクリン・シンザト被告

このシンザト被告が米軍準機関紙「星条旗」で、自身の弁護士を通じて衝撃の発言をしていることが判明しました!!

 

シンザト被告「彼女が悪かった」

シンザト被告の弁護人を務める高江洲歳満弁護士によると、シンザト被告が「米国の人には思いを伝えたい」との容貌で、弁護士を通じて本人の供述書を星条旗紙に提供したものだという。

その中でシンザト被告は、「(事件が起きたあの場所に)あの時居合わせた彼女(被害女性)が悪かった」と認識しているそうです。事件については「棒で殴った上で意識を失わせ、スーツケースに入れてホテルに連れ込み暴行しようとした」と語っているという。しかし性的暴行を行うだけで、それ以上危害を加えるつもりはなかったと殺意については否定している。

強姦事件を行った動機については、「高校時代から女性を連れ去り暴行したいとの願望があった」と供述しているようです。また自身のことについて幼少時から幻聴に悩み続け、自殺を図ったこともあると話しているという。

 

沖縄の反発必至!

この事件以降、地元沖縄では大規模な米軍基地・関連施設の撤廃を求めた抗議集会が幾度も行われました。今回の発表により、沖縄や女性団体からの反発は必至で、大きな抗議が殺到することが予想できます。

シンザト被告について弁護側は被告の幻聴が長く続いてきたなどとして、那覇地裁への精神鑑定の申請を検討する方針としています。しかし本当に病気だとしても、これほど身勝手な発言をしている被告を甘やかす必要はないのではと感じてしまいます。

関連記事[clink url=”http://gatyapin.info/2016/07/05/%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%86%e3%82%8b%e3%81%be%e5%b8%82%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%bc%b7%e5%a7%a6%e8%87%b4%e6%ad%bb%e3%81%a7%e9%80%ae%e6%8d%95%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%83%88/”]