三重県四日市市で高3男子が母親を殺害

15日、三重県四日市市で母親をナイフで刺殺したとして同県四日市市の高校に通う3年の男子生徒を殺人と死体遺棄の容疑で逮捕しました。

息子が母親を殺害

三重 母親 殺害
警察によると、14日に自宅で母親(48)の首などをナイフで複数回刺し、死体を敷地内の物置に遺棄した疑いです。

同日午後11時頃に少年の父親(48)が遺体を発見し「妻が死んでいる。息子が殺したかもしれません」と110番通報し発覚しました。

少年に事情を聞き15日に緊急逮捕をしました。

少年は事情聴取で「自分がやった」と供述しており、容疑を認めているそうです。

殺害動機は家族間の問題か

少年はすぐに自分がやったと供述しているため、かなり殺害意識が高かったのかもしれません。

普段から母親と何かしらの確執があり、計画的に殺害した可能性もあります。

父親が遺体を発見し通報した時に「息子が殺したかもしれない」と言っていることから、父親も少年と母親の仲が悪かったことを認知していたのでしょう。

高校3年生ということで進路関係などで口論になっていたのかもしれません。

取り調べで殺害動機なども明らかになると見られるので、新しい情報が配信され次第追記していきます。

四日市 母親 殺害