茨城・鹿島信販発砲事件 動機は仕事上のトラブルか?!(画像)

茨城・鹿島信販発砲事件 容疑者は自殺!犯行の動機は仕事上のトラブル?!

 

15日の午前8時ごろ、茨城県神栖市にある「鹿島信販株式会社」発砲事件が起きました。この事件で従業員の田村寿一さん(49)が死亡、28歳の男性が重傷を負い現在も治療が行われています。

事件現場 画像

鹿島信販発砲事件

発砲事件を起こしたのは同会社の冨田善広容疑者(65)。冨田容疑者は事件後に車で逃走していましたが、神栖市内にある「神栖海浜公園」敷地内で拳銃自殺しているのを発見されています。

 

犯行の動機は??

容疑者が自殺を行ったことで犯行の動機は解明することは困難な状況です。しかしその後の捜査で、一時期3人が同じチームで清掃作業を行っていたことが判明。その際に仕事の方針をめぐり、トラブルになっていたことが判明しました!詳しい詳細は明かされていませんが、発砲事件を起こすほどの恨みを持つものだったのかも知れません。

 

拳銃はどうやって手に入れた??

今回の事件で動機と共に謎なのが、65歳の容疑者がなぜ拳銃を所持していたのかということ。警察の捜査で、田村さんに1発、男性に2発発砲していたことが判明。至近距離で発砲したのかも知れませんが、素人が1発で人を殺害するというのは簡単なことではないと思います。今回の事件のために入手したものなのか、それとも以前から所持していたものなのか、謎が深まります。警察では拳銃の入手ルートの捜査しています。

関連記事[clink url=”http://gatyapin.info/2017/02/15/%e8%8c%a8%e5%9f%8e%e7%9c%8c%e7%a5%9e%e6%a0%96%e5%b8%82%e3%81%a7%e7%94%b7%e3%81%8c2%e4%ba%ba%e3%82%92%e6%8b%b3%e9%8a%83%e3%81%a7%e6%92%83%e3%81%a11%e4%ba%ba%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e3%80%81%e3%81%9d%e3%81%ae/”]