警視庁を訪れた自称70代の男性が自分の腹を切る!対応した警察官も負傷

 

警視庁で事件が発生しました!

21日の午前11時ごろ、警視庁に相談に訪れた男性が、刃物で自らの腹を切る事件が発生しました!この事件で対応した警察官も負傷しています。果たして男性がとった行動の真意とは何なのでしょう??

 

折りたたみナイフで腹を切る・・・

事件現場 画像

警視庁で相談をしに来た男性が腹を切る事件が発生

警視庁を訪れた男性は自称70代。男性は事件の30分ほど前に警視庁を訪れていました。その後、警視庁1階の待合室で男性警部補(41)が対応したが、男性の相談内容は要領を得ていなかったという。次第に男性の様子に変化が訪れ、持参したカバンの外ポケットから折りたたみナイフを取り出し、自らの腹を切り出したという。凶器の折りたたみナイフの刃渡りは約7センチ。止めに入った警部補も左手の小指下を負傷している。

二人は病院に搬送、いずれも軽症で済んでいます。麹町署では、銃刀法違反容疑を視野にいれて詳しい状況を捜査する方針。

 

男性が何を相談しに警視庁を訪れたかは発表されていません。男性は相談中に徐々にエスカレートしていったそうで、余程、耐えかねない状況に陥っていた可能性もあります。警視庁という日本警察の中心で起きた自傷事件。真相が気になるところです。

警視庁に相談しに来た男性が、刃物で自らの腹を切る事件が発生