アイドル女子大生・冨田真由さんの意見陳述中に被告が叫ぶ!

昨年5月に東京都小金井市で起きた、アイドルで女子大生の冨田真由さん(21)をナイフで襲った刺傷事件の3回目となる裁判員裁判が23日に行われました。

刺傷事件の影響で心的外傷後ストレス障害(PTSD)の後遺症が残っているなか、自らの言葉で事件への思いを意見陳述で述べている冨田さんに対し、岩埼友宏被告(28)が大声をあげる場面あり、一時騒然となりました。

岩崎友宏

悲痛な思いを語る冨田さんに、岩埼被告が大声を上げる!

23日に開かれた第3回目となる裁判員裁判は東京地裁立川支部で開かれ、被害者である冨田さんは、自らの言葉で事件への悲痛な思いを意見陳述で述べました。

検察側は懲役17年を求刑しましたが、冨田さんは「絶対同じことをする。野放しにしいてはいけない」と話し、「ファンではなくストーカーそのもの。血の海に倒れていたことは忘れられない。大切に積み重ねた時間を奪われた。悔しくて許せない」と時折、言葉を詰まらせながらも自分の言葉で強い処罰感情をあらわにしました。

そして検察側の供述調書で「(刑を終えれば)今度こそ殺しに来るかも。死んでほしい。一生、刑務所に入っていてほしい」と冨田さんが話すと、岩埼被告が急に大声「じゃあ殺せよ」と叫んだのです。

岩崎友宏

「思い通りにならないと殺そうとする。うらんで殺しに来る」と冨田さんが涙ながらに話し続けると、岩埼被告は「殺さない。殺すわけないだろう」などと大声で叫び続け、法廷は一時騒然となりました。

事件の後遺症で、体の傷だけでなく心的外傷後ストレス障害(PTSD)の後遺症をかかえながらも自ら法廷で意見陳述した冨田さんに対し、大声で叫んだ岩埼被告。

判決は28日に下される予定ですが、冨田さんがこれから安心して暮らせるよに、厳しい判決がでることを願います。

[clink url=”http://gatyapin.info/2017/02/20/%e5%86%a8%e7%94%b0%e7%9c%9f%e7%94%b1%e3%81%95%e3%82%93%e5%88%ba%e5%82%b7%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e8%a3%81%e5%88%a4%e3%80%80%e5%86%a8%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8c%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%81%ae%e6%82%b2/”]
岩崎友宏