京都府舞鶴市で少年が運転する車が電柱に衝突し大破、乗っていた女子中学生が死亡

25日午前2時15分頃、京都府舞鶴市で19歳の少年が運転する乗用車が電柱に衝突し、助手席に乗っていた女子中学生が死亡しました。

事故を起こした理由

舞鶴 事故 中3女子 死亡
舞鶴市溝尻町の市道で「ワンボックスの車が単独事故を起こして2人が負傷している」と通行人の女性から119番通報がありました。

通報を受けて消防が駆けつけたところ、車が電柱に衝突していて大破していました。
舞鶴 事故 飲酒運転

中から運転席に乗っていた19歳の少年と助手席に乗っていた14歳の女子中学生が救出され病院に搬送されました。

少年は頭などを怪我していましたが命に別状はないそうです。しかし、女子中学生は救出時は意識不明の重体でしたが、その後病院で死亡が確認されました。
舞鶴 事故 女子中学生 死亡

警察によると、少年からは基準値を超えるアルコールが検出されていて、飲酒運転で事故を起こした可能性があるとみて、治療中の少年の回復を待って事情を聞く方針とのことです。
舞鶴 事故

二人の関係性は?

二人は兄妹ではないかという声が上がっていますが、深夜2時に兄妹で徘徊というのはあまり聞かないので、交際していた可能性があります。

もし交際していたとなると、少年は別の罪にも問われる可能性があります。

少年は意識もあるようですので、事情聴取で新たな情報が入り次第追記していきます。

舞鶴 事故 死亡