女子大生アイドル、冨田真由さん刺傷事件で判決がついに!

昨年5月に東京都小金井で起きた、女子大生でアイドル活動を行っていた、冨田真由さん(21)をナイフで襲った刺傷事件で、28日に行われた東京地裁立川支部の裁判員裁判で、岩埼友宏被告(28)に対する判決がついに決まったことが分かりました。

女子大生刺傷事件、岩埼友宏被告(28)に判決!

昨年5月に東京小金井で、女子大生・冨田真由さん(21)をナイフで襲った刺傷事件で、加害者の岩埼友宏被告(28)に懲役14年6か月の判決が下りました。

岩埼被告は、第3回目の裁判員裁判で冨田さんが意見陳述中に大声で「殺せよ」と怒鳴るなどして退廷を命じられるなど、反省の余地なしと思われていましたが、最後まで「殺意はなかった。反省している」と供述していました。

事件の約1週間前にナイフを購入していたことから、強い殺害意欲と計画性があると思われていましたが「(冨田さんに)直接会って話せるか分からないので、(自分が)逃げ出さないように、精神的な支えとしてお守り代わりに買った」と主張し、事件の計画性を否定しています。

冨田さんを刺した理由については「なぜかは分からない。拒絶の態度を取られて、絶望や悲しみ、怒りを感じた」と、話していました。

求刑17年でも短いと思われていたのに、懲役14年6か月という判決結果に、今も後遺症に苦しんでいる冨田さんや冨田さんの親族は納得がいかないと思われます。

冨田さんは、首や胸、背中など34カ所を刺され、意識不明におちいり、なんとか奇跡的な回復をとげた今も、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や顔、体の傷が癒えていません。

たった14年6か月で岩埼被告が野に放たれることは許されることなのでしょうか。

[clink url=”http://gatyapin.info/2017/02/28/富田真由さん刺傷事件の判決%E3%80%82懲役14年6ヶ月とい/”] [clink url=”http://gatyapin.info/2017/02/23/%e5%86%a8%e7%94%b0%e7%9c%9f%e7%94%b1%e3%81%95%e3%82%93%e5%88%ba%e5%82%b7%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%81%ae%e8%a3%81%e5%88%a4%e3%81%a7%e3%80%81%e6%84%8f%e8%a6%8b%e9%99%b3%e8%bf%b0%e4%b8%ad%e3%81%ab%e5%b2%a9/”]
冨田真由