小金井女子大生の刺傷事件の判決が軽すぎる

昨年5月に起きた、東京小金井の女子大生アイドル刺傷事件の判決が今月28日午後2時半ごろに決まり、大きな話題となっています。

被害者である富田真由さん(21)は加害者である岩埼友宏被告(28)に30箇所以上もナイフで刺され、奇跡的な回復をとげるも現在、様々後遺症で苦しんでいます。

しかし、岩埼被告に下された判決は懲役14年6ヶ月という結果になりました。

アイドル刺傷事件裁判

14年6ヶ月という判決に富田さんがコメントを発表

岩埼被告は公判で反省している」「殺害するつもりはなかった」などと供述しているものの、第3回目となる裁判では被害者である富田さんに怒声をあげるなど、反省のどころか身勝手さも見せていました。

富田さんは事件の影響で、PTSDや、顔、体の傷の後遺症を抱えながらも裁判に出廷し、意見陳述で「出所後に再び殺しにくる」「野放しにしないでほしい」と勇敢に意見を述べました。

しかし判決は懲役14年6ヶ月という、富田さんや富田さんの親族にとってとても軽い結果になってしまいました。

判決後、富田さんはコメントを公表。犯人は何の反省もしていない。14年で出所するのは怖い。(判決は)私や家族の苦しみが伝わらなかったのだと思うと、やりきれない」と話しています。

この裁判では求刑17年を求めていましたが、弁護士は「求刑通りでもよいと思っていた」と悔しさをにじませていました。

ネット上でもこの判決に「短すぎる」「反省していなのにこの結果」「被害者のことを思うと終身刑でもよい」といった意見が多くみられました。

[clink url=”http://gatyapin.info/2017/02/28/【速報】冨田真由さん刺傷事件の判決が判明!あ/”]