富田真由さん刺傷事件の判決に岩埼被告が控訴!さらに懲役が短くなる可能性!?

小金井、女子大生刺傷事件の判決に被告が控訴!

昨年5月に小金井で起きた、女子大生でアイドルの富田真由さん(21)刺傷事件の判決が、2月28日にでましたが、加害者である岩埼友宏被告(28)懲役14年6ヶ月を不服とし、控訴することが明らかになりました。

岩埼被告が控訴!さらに懲役が軽くなる!?

岩埼被告は昨年5月、小金井に住む女子大生でアイドル活動をしていた富田さんを待ち伏せし、ナイフで34箇所も刺し、殺人未遂の容疑で逮捕、起訴されていました。

求刑では17年を求めていましたが、判決は懲役14年6ヶ月という結果となり、あまりにも短い判決に被害者である富田さんは、悲痛な思いをコメントで発表しています。

ネット上でも懲役14年6ヶ月という判決にあまりにも短すぎるという声が多くあげられましたが、岩埼被告は3日、この判決を不服とし控訴するということが明らかとなりました。

どういった内容で控訴するのかは明らかとなっていませんが、岩埼被告は裁判で「殺すつもりはなかった」と供述していることから、殺人未遂ではなく、傷害事件として刑期を短くするよう求めるのではないかと思われます。

富田さんにストーカー行為を行い、ナイフを持って待ち伏せ、34箇所も刺したのに「殺すつもりはなかった」ということが通用するのでしょうか。

確かに殺人事件の判決でも懲役10年前後になることが多いので、殺人未遂で懲役14年6ヶ月は長いという意見もあるでしょうが・・・果たして岩埼被告の控訴により刑は短くなるのでしょうか。

[clink url=”http://gatyapin.info/2017/02/28/富田真由さん刺傷事件の判決%E3%80%82懲役14年6ヶ月とい/”]