東京・練馬区でタクシーが4人を轢く事故が発生。運転手が人を轢いてしまった理由が・・・(画像)

東京・練馬区 タクシーが歩行者4人を轢く タクシー運転手を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕!

 

東京都練馬区でタクシーが4人の歩行者を轢く事故が発生し、1人が腰の骨を折る重傷を負っています!

タクシードライバーを現行犯逮捕!

事故が発生したのは6日の午前3時前。東京都練馬区豊玉北を走行していたタクシーが、道路上にいた4人をはねました。4人は20代~40代の男女で、全員が病院に搬送されました。このうち、31歳の男性が腰の骨を折る重傷、3人が頭を打撲するなどの軽傷を負っています。幸いなことに4人とも命に別条はないそうです。

この事故でタクシーを運転していた35歳の男を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕されています。

事故現場 画像

東京都練馬区でタクシーが4人を轢く事故

事故現場画像

事故が発生した理由

警察の取り調べに対してタクシー運転手は、「遠くを見ていて気が付かなかった」と供述し容疑を認めています。事故現場は見通しの良い道路で、事故に遭った4人は知人同士で、近くのお店に向かう途中でした。

見解

早朝の3時前に起きた事故で、暗い時間帯の中で運転手が歩行者を見落としたことが原因と思われます。しかし歩行者も道路上を歩いていたみたいなので、完全にドライバーが悪いとも言えなさそうです。

皆さんは事故に遭わない様に、車を運転する場合も深夜を歩行する場合もよく注意しましょうね。