NHKで「福島の米は買いたくない」と発言したくわばたりえ、ネットで大議論にもつれ込む

3月8日に放送された『あさイチ』にくわばたりえが出演しました。

この日のテーマは「データでみる東日本大震災から6年」ということで、6年経った現在も福島の食べ物が風評被害に遭っていることを特集しました。

くわばた、自分の気持ちを正直に発言

くわばたりえ 米
東日本大震災から6年が経った現在も、復旧を特集する番組が放送されたり、福島から越してきた学生がいじめに遭ったりと、当時の爪痕を引きずっています。

そんな中、くわばたは番組の中でこのように発言しています。

「なんか、『私は福島米食べてます』って言えない自分がいるし、このまえスーパー行った時に(福島米が)売ってたんです、ちょっと安くて。でも買わなかった安いのに。何故かというと、一杯並んでるのに減って無いんです。隣の200円くらい高い方が減ってるお米が。じゃあ、みんな買ってないから私も買わんとこって言うのがどこかであったりとかあって、じゃあ私がこのお米を躊躇無く買うにはこういう番組で『福島米すっごいみんな食べるようになりました』とか、プラスなことがあったら私も食べようって単純になるのかなって、こういうの(特集)ばっかりやってるとまた更に食べんとこって思う反面、検査したらほとんど基準値全然大丈夫ですって思ってるけど、食べない人の方が多いんだって思うと、『じゃあ……』ってなる自分が居たりとか」
http://gogotsu.com/

この発言に対してネットではこのように議論がされています。
・発言は自由だけどちょっとひどい
・公共の電波に乗せる発言ではない
・ものすごく不快

・至極最も
・この意見は当然、政府が悪い
・複雑な心境ではあるけども…

このように意見が真っ二つに割れています。

福島の問題はかなり敏感で、特にメディアでの発言は内容次第では芸能人生命を脅かすほどです。

難しい問題ですが、このように意見を言える人も必要なのかもしれません。

くわばたりえ 米