堀ちえみ、人工股関節が赤く腫れあがり病院で診断を受けた結果

タレントの堀ちえみ(50)が13日にブログを更新し、人工股関節が赤く腫れあがったため病院に行ったことを告白しました。

結果的にただの内出血だった

人工股関節
人工股関節
股が赤く腫れあがり心配になって病院で検査を受けると、ただの内出血だということが判明しました。

約2週間前から人工関節が腫れあがり、患部が熱を持ち始めていたことから病院へ。レントゲンなどの検査をすると、ただの内出血でウイルスなどの感性は無いと言われたそうです。

堀は、14年6月頃から腰と膝が激しく痛むことを話しており、病院で検査を受けたところ股関節が原因だと診断されました。

その時には「突発性の難病で、原因不明。右大腿骨骨頭壊死だと診断され、薬を飲んでも全く効かず右半身もあちこちダメージを受けてしまい、かばっていた左足や膝にも影響が出て来てしまいました」と告白しました。

悩んだ末に15年4月に手術を受け、人工股関節になった旨も説明しました。

今回内出血した理由は「よくよく考えたらうちのダイニングテーブルの角で打ったのかもしれない。内出血の位置をちょうど同じ高さだし」と説明し「異常が無かったので良かった」と安堵していました。

手術痕は現在もうずくことがあるそうですが、何も異常が無くて良かったですね。

人工股関節