17歳のJKをキャバクラで働かせ、客に胸を揉ませるなどの行為をさせていた経営者らを逮捕!(画像)

東京都立川市のキャバクラで17歳の女子高生を雇い客に接客させていた経営者2人を逮捕!

東京都立川市にあるキャバクラで、17歳の女子高生をホステスとして雇い、客に接客させていた経営者が逮捕されました!

ショータイムで胸を客に胸を触らせる・・・

逮捕されたのは、立川市にあるキャバクラ「スーパースプラッシュ」の経営者・並木一央容疑者(26)と店長の安元啓容疑者(39)。

並木一央容疑者 画像

並木一央容疑者

並木一央容疑者 画像

並木一央容疑者

二人は去年、17歳の女子高生をホステスとして雇い、客に接客させた疑いが持たれています。警視庁の取り調べに対して並木容疑者は、「他にも5人くらい18歳未満の子がいた」と供述し容疑を認めています。しかし安元容疑者は「17歳とは知らなかった」と供述し容疑を否認しています。

店では客にお酒を接客するだけでなく、20分に1回行われるショータイムで、客に胸を触らせるなどの行為が行われていたそうです。女子高生はこの店に約40日ほど勤務しており、並木容疑者は給料として約125万円を支払っていたという。

見解

今回の事件はどのような形で発覚したのかは明らかになっていません。女子高生がなぜこのキャバクラで働くようになったのかは不明ですが、脅されて働かされていた可能性も否定できません。これからの取り調べで事件の真相が明かされていくことになりますが、他にも未成年の女子高生が犠牲になっていたのかも知れません。