犬好きもうなる!?意外と知られていない犬のトリビア10選

「犬派!?猫派!?」と質問されることが多いほど、ペットの代表格である犬。

親しみやすい犬をペット・家族として、一緒に暮らす人も多いことと思いますが、そんな愛犬家たちが思わず「へぇ~」と言いたくなるような、犬トリビア10選をご紹介します(^O^)/

犬

意外と知られていない犬トリビア10選

1.犬の嗅覚は人の100万倍

犬といえば嗅覚ですが、人の嗅覚と比べるとその差は約100万倍。そのすごさは、60センチの水槽にスポイトでお酢を1滴垂らしただけで分かる。

2.犬の味覚は4種類

犬が感じることが出来る味覚は、「甘い」「塩辛い」「酸っぱい」「苦い」の4種類だけ。好き嫌いが犬にもありますが、それは味覚ではなく、嗅覚によるものらしい。

3.猫舌

野性の世界では体温以上のものを食べることが出来ないために、犬だけでなく野性で暮らしている全ての生物が猫舌らしい。

4.腐った食べ物を食べてもお腹を壊さない

狩猟をして生きたものを食べる動物ではなく、落ちている肉などを拾い食う動物のため、腐った食べ物を食べてもお腹を壊さない。

5.舌の大きさが変化する

犬の舌は必要に応じて面積や体積が変化します。舌の面積や体積を変えることで、体内の熱や水分をコントロールしているため。

6.犬の知能は3歳児レベル

犬の知能を人間に例えると、3歳児レベルなんだそうです。しかし記憶力はハンパなく高いそうです!

7.夢を見る

動物心理学者の実験や研究で証明済。寝ている時に突然起き上がったり、寝言を言ったりします。

8.仮病を使う

寂しい時など、気を引きたい時などに仮病を使うことがある。

9.犬を車に何匹乗せても定員オーバーにならない

法律上、犬は定員にカウントされず、何匹車に乗せても定員オーバーになりません。しかし運転に支障がでるほど車に乗せるのはやめましょう!

10.エサは量より質

長生きさせるためには、エサを多く与えるよりも、質の良いエサを与えるほうが長生きするらしい。

 

いかがですか。今回ご紹介しただけでもホンの一部に過ぎません!機会があれば、犬のトリビア第2弾を掲載したいと思います<(_ _)>