水銀に鉄球を入れると面白いことになる

鉄球シリーズで様々なものがありますが、今回は鉄球を「水銀」に入れるとどうなるのか実験しました。

水銀は猛毒としても知られていますが、手で触った程度であれば問題は無いです。

古代においては、辰砂(主成分は硫化水銀:鮮血色をしている)などの水銀化合物は、その特性や外見から不死の薬として珍重されてきた。特に中国の皇帝に愛用されており、不老不死の薬、「仙丹」の原料と信じられていた(錬丹術)。それが日本に伝わり飛鳥時代の女帝持統天皇も若さと美しさを保つために飲んでいたとされる。しかし現代から見ればまさに毒を飲んでいるに等しく、始皇帝を始め多くの権力者が中毒で命を落としたといわれている。中世以降、水銀は毒として認知されるようになった。
https://ja.wikipedia.org

素手で触る動画もあります。

この水銀に鉄球を入れるとどうなるのか実験した動画があるのでご紹介します。
(2ページ目に続く)


水銀 鉄球