【裏技】姉『39度でしんどい。座薬入れて』俺『い、入れるぞ!』姉『痛っ!先に舐めて』⇒俺はとんでもない間違いをしたwww

姉が39度の発熱で、座薬入れる時に、勘違いの始まり。誤解しないで!

 

姉が39度の発熱で、坐薬を入れた

お姉さんと、弟の関係。
お姉さんが、39度の発熱状態。弟さんは、どうしたらいいでしょう?

看病しますよね?看病するのにも、順番があります。
まず、熱を下げるのに、熱さまシートを使うとか。

冷たいタオルで、頭を冷やす。安静にする事も必要です。
高熱を発すると、解熱を考えます。

 

でも、弟が、お姉さんの看病で、
坐薬を入れるというのは、あまり、聞かない話ですが、
必要に迫られたら、やってあげましょう。

お姉さんが、高熱に苦しんでいるんです。
弟さんが頼まれたと考えましょう。

お姉さんが、「坐薬を入れてくれ」と、
弟に頼んだのですが、いざ、坐薬を入れようとすると、痛いわけです。

痛いから、滑らかさが欲しいとき、どうするでしょう?
油分の補給です。言い換えれば、唾液で湿らせればいいんです。

 

この後予想外の展開にwwww

↓↓続きは次のページで↓↓