【超衝撃】絶滅したはずの超巨大ザメ メガロドンは生存している!?世界が震えた!嘘のような本当の話【閲覧注意】

世界最大のサメは?ジンベエザメだ。肉食の最大級のサメは一般的にはホオジロザメ
平均体長4m~4.8m、体重680kg~1100kgの巨大ザメだ。
南アフリカで映画ジョーズ以上の体長11mの巨大なホホジロザメの目撃証言もありそれはサブマリンと現地で呼ばれている。

しかし、最近になって、この巨大サメを凌ぐほどの超巨大なサメの存在がまことしやかに囁かれているのだ。

そのサメがメガロドン。

 

メガロドンは、何百万年も前にいたとされる史上最大のサメ。平均体長は13m~20mと推測され巨大さはホオジロザメの2倍以上で、主にクジラを捕食していたと言われている。

しかしこの危険な巨大ザメが今でも存在するという説があるという。専門家のコリン・ドレークはメガロドンが存在する証拠をさらに入手。その驚くべき内容とは?

果たして伝説の巨大ザメは本当に今も海を徘徊しているのだろうか?

次のページでは、その真相に迫る衝撃の動画をご紹介します!

 

↓↓次ページへ続きます↓↓

雑学, 驚き

Posted by kubotaku