募金に訪れた人と“握手”をしなかった… 嵐・櫻井翔が『24時間テレビ』で見せた姿に賛否両論ww

 

櫻井翔の“愛”は、金では買えないっつうことよ……

 

8月26日~27日に、毎年この時期恒例となった日本テレビ系の超大型特番『24時間テレビ 愛は地球を救う』が放送された。

番組の司会進行を務めるメインパーソナリティーは、近年ジャニーズアイドルが務めているため、ファンの間でも注目度が高い。

例年、グループ単位でパーソナリティーを務めることが多いが、今年は嵐・櫻井翔、NEWS小山慶一郎、KAT-TUN亀梨和也の3人。

それぞれ、日本テレビ系の情報番組でキャスターを務めているとあって、安定した司会ぶりが好評を得ていた。

 

「櫻井翔 24時間テレビ」の画像検索結果

 

彼らの仕事ぶりは数字にも表れており、同番組の平均視聴率は18.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)だったことが判明。

これはなんと歴代2位タイの数字となり、瞬間最高視聴率も40.5%と好調であった。

その一方、『24時間テレビ』において視聴率と同じく指数となる“募金額”は、1億2,902万958円だったと番組中に発表。

これは2009年以降最も低い数字となり、昨年の2億3,369万9,751円から約1億円減額した形になる。

放送中、トラブルによりインターネット募金ができないとの説明が入る場面があったが、これが大幅減額のひとつの原因であったようだ。

最終的な募金額は後日発表されるようだが、視聴率がよかっただけに募金額が比例しなかったのは残念だろう。

が…

 

↓↓↓続きはコチラ↓↓↓