【衝撃光景】北海道の「かに御殿」の名物『毛ガニ看板(1トン)』が台風で落下!下敷きになった現場がヤバ過ぎる…【画像あり】

かに御殿
国道36号線を走ると見えてくる、かにの看板と、屋根に上っている巨大なクマとサケが目印。

近くまで来て「どこにお店があるの?」ということは絶対にございません。団体旅行客のお食事処としても利用され、約1500名収容できる店内に、約100台停まれる駐車場の広さは、まさに北海道ならではです。

また、店内では巨大な水槽で約200匹のカニに、ホタテ・あわび・つぶ・うに等のそのときの旬にあわせた活きた海産物を常にご用意しており、お客様に「新鮮」な味をお届けいたします。

もちろん、団体旅行客以外にも個人や家族で立ち寄られる方のために、ファミリーレストランもご用意しております。新鮮な海産物を取り入れた約70種類の豊富なメニューの、かに御殿ならではの料理でお客様に大変ご好評をいただいております。
お土産品は、道内産地直送の新鮮なかに・サケ・たらこ等の海産物を中心に、銘菓・民芸品等の北海道ならではのお土産物も取り揃えまして、ご要望があれば全国に発送致しております。

本州から北海道にご旅行の方も、北海道にお住みの方も、近くにお越しの際はぜひ一度ご来店の程、従業員一同心よりお待ち申しあげております。

クマとサケ
1993年お店を新たに改装した際に、かに御殿のシンボル的な存在として巨大な置物を取り付けることにしました。

正面入り口に取り付けられたクマは、全長15メートル・高さ10メートル・横幅8メートル・重さ約30トン。サケの方も、全長12メートル・高さ3メートル・横幅1.5メートル・重さは約8トン。いずれも鉄骨を組み、発泡ウレタンで形を作り、特殊プラスチック加工で仕上げられている。制作費は2つ合わせて約1億円。

http://kanigoten.co.jp/gaiyou.htm

↓↓次のページに続く↓↓

話題

Posted by kuroko3