貧困女キャラでぼろ儲け…「うらら」に批難がwww(画像あり)

貧困女「うらら」に批難がwww

彼女をご存知だろうか?!

貧困女子として一躍有名になったが実は…

 

 

urara_hinkon-7

 

貧困の連鎖断ち切る「フェアトレード」ファッションで途上国支援

ファッションを通じて、途上国を支援する女性たちが増えている。

 

貧困女子で浮上

最初は8月18日のNHK「ニュース7」だった。リード部分でスタジオに「子どもの貧困 6人に1人」という文字が強調されて「おっ……」と注目した。

筆者もテレビ報道で「貧困」の問題をライフワークとし、折に触れて伝えてきたからだ。

貧困という分野は偏見も根強いので伝え方が難しい。

貧困の当事者を登場させる時にはかなり慎重な注意が必要だ。

テレビに登場した当事者の画像があちこちで心ないコメントつきで増産されてしまうことがあるからだ。

ニュースは、神奈川県が主催する「子どもの貧困」の催しで委員などを務める女子高生の「うららさん」が自らの体験談を語って広く理解を求めたという内容だ。

取材カメラは彼女の自宅や通う高校でも撮影し、日常生活やインタビューなどを撮影。

エアコンがない部屋で首の周りに冷却材を巻いてしのいでいるとか、パソコンが必要な授業でパソコンを買ってもらえずに練習用のキーボードだけ母親からプレゼントされたというエピソードなどが出てくる。貧困ゆえに将来は専門学校に進んでイラストレーターになる夢を諦めなければならなくなりそうなことなどが報告された。放送では彼女の部屋にあるさまざまなDVDやソフトなどが映り込んでいたが、特にボカシなどを入れず放映していた。ニュースを伝える意義を評価しつつも「これ、大丈夫かな?」と見ていて不安を覚えた。

貧困の問題をテレビで伝える時はこうした物品について視聴者に「そんなものを買う余裕があるのに貧困なのか」などと指摘されて不毛な展開になることがよくあったからだ。

予感は的中した。

「うららさん」の部屋で映っていたソフトがアニメ「ワンピース」のものであることや、新作映画が上映されるたびに何度も見る熱狂的ファンであることがネットで暴露され、1000円以上のランチを楽しんだことを伝えるつぶやきや、同級生らしき人物が学校での彼女を特定した形で日常のネガティブな情報を暴露。

「そんな余裕があるなら貧困じゃない」「貧困というのは捏造」という憶測があっという間に広がった。放送ではファーストネームしか出していなかったのに実名や自宅写真までネットにアップされた。「エアコンはないと言っていたが、実際はあった」など偽情報まで出て、自称「ネットニュース」のサイトに書き込まれていった。

 

実は豪邸に住んでいる?!

 

↓↓↓続きはコチラ↓↓↓