【トラウマ】出雲駅伝でランナーが熱中症で倒れるも、放置されっぱなしで痙攣をおこしてる映像がヤバ過ぎる【動画あり】

白熱の出雲駅伝で一時騒然の事態に・・・

10月9日体育の日に開催された出雲駅伝2017で、一時騒然となる事態が起きました。

毎年白熱の出雲駅伝ですが、今年は10月上旬とは思えないほどの暑さで、大会開始前から選手の熱中症の心配がされていました。

案の定大会開始時も異例の暑さで、大会中に選手が熱中症にかかり、次の選手へ襷を繋ぐわずか100mの地点で倒れこんでしまい、痙攣のような症状に中継に映ってしまうこととなりました。

その様子を見た視聴者からは心配の声も相次いでいます。

出雲全日本大学選抜駅伝競走(いずもぜんにほんだいがくせんばつえきでんきょうそう)とは1989年に始まった社団法人日本学生陸上競技連合・出雲市主催の駅伝競走大会である。大会協賛は富士通。男子の大学駅伝としては全日本大学駅伝と関東学生陸上競技連盟主催の箱根駅伝とともに三大大学駅伝の一つとされており、その中では最も歴史が新しい大会。大会の正式略称は「出雲駅伝」[1]。

「出雲駅伝とは」の画像検索結果

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%81%B8%E6%8A%9C%E9%A7%85%E4%BC%9D%E7%AB%B6%E8%B5%B0

 

↓↓↓衝撃の映像は次のページ↓↓↓