【極限】女子駅伝でゴールまで20メートルのところで突然コースアウトし、そのまま倒れる放送事故発生【動画あり】

2017年11月26日

女子駅伝で選手が突然異常行動にでる緊急事態!

実業団女子駅伝西日本大会(じつぎょうだんじょしえきでん・にしにっぽんたいかい)とは、全日本実業団対抗女子駅伝競走大会の、関西(四国地方も関西に含む)・中国地方・九州地方の合同ブロック予選大会として2009年から2014年まで開催された駅伝大会である。
この項では2015年から実施されている全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会についても記載する。

関連画像

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%A7%85%E4%BC%9D%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E4%BC%9A

10月22日に行われた第3回プリンセス駅伝で、選手がゴールわずか20~30m手前で倒れ棄権する場面が見られました。

「プリンセス駅伝 2017 ゴール」の画像検索結果

危険となった選手は、予選通過ギリギリの順位で走っていましたが、なんとかゴールには間に合うというときゴールわずか20m、ゴールテープも見えている手前で突然走るのをやめ、フラフラとコースアウトしていき、とうとう植え込み部分に倒れこんでしまいました・・・。

意識が朦朧だったのでしょう。数歩歩いてもゴールできるところでのコースアウト。その映像が見つかったのでご紹介します。

↓↓↓意識が朦朧!限界の映像は次のページ↓↓↓