『ジョジョの奇妙な冒険』荒木飛呂彦の顔年齢が若い!昔と現在の比較画像・老けない秘訣とは?

2017年11月26日

ジョジョ作者の荒木先生の顔の秘密がヤバい!アレを使っていた!

大人気漫画の「ジョジョの奇妙な冒険」をご存知でしょうか?

「ジョジョの奇妙な冒険」の画像検索結果

週刊少年ジャンプで連載されアニメ化、実写映画化されたほどの人気作品です。

「ジョジョの奇妙な冒険 実写」の画像検索結果

そんな人気作品の「ジョジョ」作者の荒木先生なんですが、実年齢と見た目のギャップがあまりにありすぎて、「ジョジョ」にでてくる”アレ”を使っているのではないかとの噂も・・・。

荒木飛呂彦プロフィール

 

荒木 飛呂彦(あらき・ひろひこ)

本名:荒木 利之(あらき・としゆき)
生年月日:1960年6月7日
出身:宮城県仙台市
学歴:東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒
血液型:B型

 

1980年に第20回手塚賞に準入選、荒木利之名義で「武装ポーカー」でデビュー。このとき手塚治虫さんからも直々にコメントされています。

1987年より少年ジャンプで連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』は、その後2003年まで続き6部作となっています。

その翌年からタイトルを変えて同シリーズの続編である『スティール・ボール・ラン』の連載が開始され、途中月刊誌『ウルトラジャンプ』に移籍などもしながら2011年に完結。現在は8部となる『ジョジョリオン』が連載されています。

 

 

『ジョジョの奇妙な冒険』

一連の『ジョジョ』シリーズは幅広い層から支持されコアなファンも多くおり、シリーズ総計で9000万部を売り上げています。

↓↓↓荒木先生の顔面比較は次のページ↓↓↓