涙腺崩壊…娘からもらったプレゼントに父は「は?それプレゼントと思ってんの?」→このあと娘の真の理由が・・

娘の気持ち・・

本当は嬉しくてたまらないはずなのに

なかなか素直に喜べない父親。

娘のプレゼントには意味があった!

涙がとまらない感動Storyです。

「娘から父へプレゼント」の画像検索結果

娘「聞こえなかった?デートしよーって言ったの」

父「…聞こえたけど、そりゃなんでまた」

娘「なんでって…ほら、今日父の日だし」

父「…そのプレゼントがデート?」

父「…いや、ていうかお前…自分にそれだけの価値があると思って言ってるのか?それ」

娘「はあ!?どういう意味よそれ!」

父「いや、だから…お前みたいなちんちくりんあんぽんたん耳年増とのデート権なんかがプレゼントに値すると…」

父「本気でそう思ってるのかと聞いてんだ」

 

娘「なにそれひどすぎ!かわいい娘とのデートが嫌っていうわけ!?」

父「嫌っていうか…嫌ではないけどもらって嬉しいもんでもないし」

娘「なによそれ!?本格的にひどすぎない!?」

父「大体高校生のお前とデートって…援○に見られたらどうするよ」

娘「え、なに?お父さんそういうこと考えて言ってるわけ?うっわキチガイ親父」

父「うるせえよ」

娘「制服ならともかくデートなんだから私服だし、そもそも親子ですって言えばいいだけでしょ」

父「いや、だってなあ」

娘「…なによ?もしかして私の美しさとお父さんの残念な顔立ちじゃやっぱ釣り合わないよなーって?」

父「は?何言ってんだお前…どう考えても逆だろ」

娘「ナルシスト親父!」

父「お前それ人のこと言えんのか?」

 

↓↓↓続きはコチラ↓↓↓