【茨城】生まれて間もない赤ちゃんを自宅の畑に埋め放棄 交際していた男女を逮捕 

生まれて間もない赤ちゃんの遺体を茨城県坂東市の自宅に埋め放棄したとして42歳の男と交際相手の女が逮捕された。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、茨城県坂東市の無職・石塚洋二容疑者と、その交際相手の女・塚田留菜容疑者。

警察によると石塚容疑者らは、去年8月、2人の子供とみられる生後間もない赤ちゃんの遺体を自宅の畑に埋め放棄した疑いがもたれている。

5日、石塚容疑者が栃木県の小山警察署に「子供を殺してしまった」と自首したことから事件が発覚し、警察が自宅の畑を調べたところ、白骨化した赤ちゃんの遺体が見つかったそうです。

2人は「間違いありません」と容疑を認めている。

警察は赤ちゃんが死亡した経緯について詳しく調べるとしている。

 

どんな理由があるかは分かりませんが、生まれて間もない赤ちゃんの命を絶つなんて絶対許せません。