ギャル家元で注目の五月千和加、体中のタトゥーを見せつける

日本舞踊五月流の三代目家元である五月千和加が、プライベートで衝撃的な姿を披露し話題になっています。

日本舞踊に見られる清楚な雰囲気は皆無で、私服もイケイケな感じを漂わせており、体中のタトゥーを見せるために脱ぐなど話題になっています。

五月千和加

関連画像

1992年1月 東京都出身。

聖学院幼稚園・小学校を経て、跡見学園女子中学・高校に進学、目白大学社会学部。

2歳の時、国立劇場大劇場にて初舞台『金太郎』、『チューリップ』を披露。

現・五月流流祖である五月千王(せんおう)に手ほどきを受ける。

9歳で、東京・歌舞伎座にて五月流三代目を襲名、長唄『京鹿子娘道成寺』をノーカット、フル衣裳、鬘で披露。

2010年7月7日、18歳の時、五月千和加を継承。

そして2013年4月27〜28日、国立劇場大劇場二日間公演に於いて五月流三代目家元を襲名。

日本舞踊を五月千王の他に、舞踊界の重鎮である坂東勝友師、鼓を人間国宝・堅田喜三久師、清元の唄・三味線を梅寿太夫師と紫葉師。長唄三味線を故・中島勝祐師に師事。

その他、日本舞踊向上のため、英会話、料理、ピアノ、ボイストレーニングを修行中。

2016年5月には書道師範取得。

http://satsuki-ryu.com/

五月千和加はあまりにも衝撃的な見た目で世間に衝撃を与え、現在はその話題性を武器にして日本舞踊界を盛り上げようとしているようです。

前代未聞の美人跡取り

日本舞踊といえば歌舞伎のように歴史を持ち硬派なイメージを持ちますが、五月千和加は自身のスタイルを崩したくないという強い意志を持っているようで、高校生の時からギャルを意識して活動してきたようです。

もちろん、五月千和加のような跡取りは前例が無く、業界でも賛否両論があったようですが、それ以上にメディア出演の実績や日本舞踊に対する思いが強いそうで、現在は300人の門下を抱える実力を持っています。

五月千和加自信、自分は先駆者になると発言しており、そのためには信念が無いといけないとしており、普段は寡黙な父親が「中途半端だから突かれる。出る杭ではなく、打てなくなるくらい出てしまえ。ただ、芸道だけはそれるな」と叱咤したとも言っています。

スタイルの維持

スタイルの維持方法も現代的で、週数回はジムに通い、食事の管理などもしているそうです。

お尻まで伸びた超ロングヘアーは月2回ほどケアしてもらうらしく、髪の毛の維持だけで月に数十万円かかっているとも言われています。

セクシー写真

自慢のスタイルとタトゥーを見せるために、かなり際どい写真を撮っているようです。今回はいくつかご紹介します。

「五月千和加 水着」の画像検索結果 「五月千和加 水着」の画像検索結果 「五月千和加 水着」の画像検索結果 「五月千和加 水着」の画像検索結果 「五月千和加 水着」の画像検索結果 関連画像 「五月千和加 水着」の画像検索結果 「五月千和加 水着」の画像検索結果 関連画像 「五月千和加 水着」の画像検索結果

 

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



五月千和加