ディズニーランドが閉園になっても帰らなかった結果・・・・・ディズニー都市伝説まとめ

誰もが一度は思った事があるのではないだろうか。この楽しい夢の国にもっといたい!閉園なんて無視してどこかに隠れてずっといる事はできないものか・・・?ディズニーランドは非常に広大な土地にあるテーマパークなので1人くらいこっそり閉園後もディズニーランド園内に残っていても、わからないような気がする。しかし、ディズニーランドの閉園後に園内に残っていると危険かもしれない。

今日はディズニーランドの閉園後に帰らなかったら。というテーマの都市伝説を2つ紹介しよう。

時空のはざまに閉じ込められる説|ディズニーランドの閉園後に帰らなかったら
東京ディズニーランドは夢の国を演出する為に様々な工夫をしている。人々がここは現実とは違うところと思ってしまうほど園内の雰囲気は特殊といえるだろう。そんなディズニーランドには知らず知らずのうちに特殊な力が宿ってしまっていた。

ディズニーランドは正真正銘の夢の国になっていたのだ。

どういう事かというとディズニーランドは夜になると時空がゆがんでしまうというのだ。ディズニーランドの園内に閉園後も残っていた人はその後、必ず行方不明となる。それはディズニーランドの魔法の力によって時空の狭間に閉じ込められてしまうからだ。時空の狭間には何もない。光も時間もなにもかもだ。時空のはざまへ閉じ込められた人は永遠に年を取る事もなく、暗い空間で沈黙するしかないのである。ディズニーランドの閉園後に帰らなかった事を後悔しながら。

↓↓もう一つの説は次のページで↓↓