【裏技】『タダで空き容量を増やす』iPhoneのデータを削除せずに空き容量作る方法8選

ちょっとした工夫でiPhoneの空き容量を増やす方法

日本人は諸外国に比べiPhoneユーザーが多い。ほぼ70%がiPhoneユーザーである。AndroidもiPhoneも一長一短あるのだが、販売戦略やブランド力、皆が使っている安心感、また、価格もAndroidとほとんど変わらないことから、日本ではiPhoneが広く支持されているようだ。

今回はiPhoneライトユーザーやヘビーユーザーにちょっとした空き容量の使い方をご紹介する。

数ギガバイトは空き容量を作ることが出来るので必見だ。

iPhone(アイフォーン)は、アップル製のスマートフォンである。オリジナルのモデルは2007年1月に、最新モデルのiPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xは2017年9月12日に発表された。

iPhone(初代)

「iPhone 初代」の画像検索結果
2007年1月9日に開催されたアップル製品の展示会のひとつ、Macworld Expo 2007にて発表され、同年6月29日にアメリカ合衆国にて発売された。クワッドバンドGSM端末のため、日本など通信方式にGSMを採用していない国・地域では使用できず、該当国・地域では販売もされていない。

同社のデジタルオーディオプレーヤーであるiPod、携帯電話、インターネットや電子メールの送受信等が行える携帯情報端末、これら3つの機能を併せ持った機器として登場した。既存のタッチパネルの多くは同時に一箇所のみでしか操作を行えなかったが、iPhoneではマルチタッチと呼ばれる技術で、複数の指を同時に操ることで画面の拡大縮小などバリエーションに富んだ操作が可能となった。

カラーはシルバーのみ、容量は発売当初は4GBと8GBの2通りだったが、4GBは2007年9月5日に販売を終了した。一方2008年2月5日には16GBモデルが販売開始された。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓

雑学, 驚き

Posted by kuroko3