【激震】トイレのジェットタオルを使ってはいけない理由がヤバ過ぎる!もう近づけない…

トイレのジェットタオル、とんでもない欠陥だった

デパートのトイレなどに設置されているジェットタオル。使ったことのある人も多いと思います。

特に拭くものがなく、ジェットタオルしかない場合は手を入れてエアーで水を吹き飛ばしますよね。

しかし、このジェットタオルには衝撃的な真実が隠されていたのです。

ジェットタオル

Mitsubishi Electric JT-SB116EH-W-TWN.jpg

ジェットタオルは、三菱電機が開発して製造するハンドドライヤーの名称である。同社が日本第3036887号で登録商標している。1993年に発売された。

三菱電機中津川製作所で換気扇などとともに生産する。化粧室の洗面台付近に取り付けられている場合がほとんどである。手のひらを装置に差し入れるとセンサーが自動感知して作動し、抜き出すと停止する。風速は秒速80m、ハイパワータイプは秒速110mで、濡れた手のひらの水を数秒で水を吹き飛ばして装置下部に集める。

近年の製品は改良により作動音が静かになっている。

小型モデルの「ジェットタオルミニ」は第4581235号、超小型モデルの「ジェットタオルプチ」は第5149040号、でそれぞれ商標登録されている。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓

物語

Posted by kuroko3