バミューダトライアングルで船や飛行機が行方不明になる理由がついに判明!!時速270㎞のアレが原因だった【動画あり】

バミューダトライアングルの謎がついに解明される

魔の三角地帯とも呼ばれているバミューダトライアングルをご存知の方は多いと思います。

その海域を通る船や飛行機が謎の失踪を遂げているとして有名です。

古くからその謎について議論されてきましたが、ついに正体が判明しました。

バミューダトライアングル(Bermuda Triangle)は、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域。昔から船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説がある。この伝説に基づいて、多くのフィクション小説、映画、漫画などが製作されている。

超常現象を取り扱う雑誌や書籍やテレビ番組の報道によると、通過中の船舶や飛行機が突如何の痕跡も残さず消息を絶つ海域とされる。消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常等の兆候があるとされる。100年以上前から100を超える船や飛行機、1000以上の人が消息不明となっているとされる。「魔の三角地帯(または三角海域、三角水域)」とも呼ばれている。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓

雑学

Posted by kuroko3