母親の形見を宝石店で売ろうとしたら店員が衝撃的な行動に出る

「役に立つ時が来るから」と、母親から形見を受け取る。

今回は金のネックレスを生活が困窮してしまったため売りに出そうとした夫婦をご紹介します。

一時しのぎのために形見を売るのは悲しみしかありませんが、この宝石店の店員は一味違ったようです。

形見 カタミ

1 死んだ人や別れた人を思い出すよりどころとなるもの。残した品や遺品、また、遺児。「父の形見の万年筆」
2 過去を思い出させるもの。記念の品。「旅の形見とする」

https://kotobank.jp/word/

↓↓次のページに続く↓↓


★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww