【衝撃事実】海外のホテルに『420号室』が無い理由がヤバ過ぎる!これは作ったらダメだわ…

海外のホテルに420号室が存在しない理由がこちら

世界中に色々な文化が根付いていますが、日本では死に関連付けて「4」という数字を嫌います。

海外にも特定の数字を忌み嫌っている場合があり、ホテルの部屋に420号室が無いという話を聞いたことがありますか?

実はこれには世界的に問題になっているアレが関わっていました。

「忌みとは」の画像検索結果

忌み、斎み(いみ)は

神に対して身を清め穢れを避けて慎む事。斎戒。
(転じて)忌み避けるべきこと。禁忌。はばかり。

神宮等では、神事の際、忌火(いみび)と呼ばれる火を起こす。これは火がそもそも持つ性質、すなわち「他を焼き無くしてしまう」という性質が、一般的なケガレの概念、つまり「不浄」「不潔」同様、神や人間の結界、生活圏を脅かす「ケガレ」であるため、これを用いる際にそう呼ばれる。また火がケガレを伝染媒介すると考えられていた為、かまどを別にするなどの措置がとられた。古事記によるとイザナミは火の神(ホノカグツチノカミ)を産んだため陰所を焼かれ、それが元で死に、黄泉の国に下る事になる。

「近き火、また恐ろし<枕草子・せめておそろしきもの>」や、現在でも「マッチ一本火事の元」という言葉にあるように、危険物として火は認識されてきた。忌み火をオリンピックの聖火と同一視される事があるが、拝火文化は神道にない。本来神道における「火」はケガレである。よってそれを押さえる火伏せの神様、火坊尊(ひぶせのみこと)などの神様が信仰の対象になって来た。鎮火(火を鎮める)という表現もある。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓

雑学

Posted by kuroko3