車のサイドブレーキはガッチガチに引く(踏む)とこうなる

車のサイドブレーキを最大まで引くと…

みなさんは車サイドブレーキを最大まで引いたことがありますか?

車種によりますが、現在は手で引くタイプよりもフットブレーキと呼ばれる足で踏むタイプのサイドブレーキが多く流通しています。

アレを本気で引く(踏む)とどうなるのか!?また、ちょっとしか引かなかったらどうなるのか見ていきましょう。

パーキングブレーキ(英: parking brake)とは、

機械の動作や移動をとめるための手動式の制動機構。または、その機構で止める行為。
自動車のブレーキ機構のひとつ。駐車ブレーキとも表記される。また、運転席の横にあるものは和製英語でサイドブレーキとも呼ばれる。英語では、通常のブレーキが効かない場合に非常用として使われるためエマージェンシーブレーキ とも、また手で操作する物はハンドブレーキとも呼ばれる。
いずれも止めるための仕組みは摩擦ブレーキで、多くの場合、動作はてこ、ねじ、カムなどによって倍力される。操作力の伝達は、軽量から中量程度の自動車ではロッドやケーブル、鉄道車両では歯車やチェーンによる機械式となっており、重量自動車(大型車・特大車)のホイールパーク式では拘束にばね、緩解に圧縮空気を用いている。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓