雨を凌ぐ技術が平安時代に発明された傘から全く進歩していない理由がこちら

雨に打たれないグッズの主流が未だに「傘」の理由がこれ

雨は自然の恵みではありますが、日常生活には少々煩わしいものがあります。

登校、出勤前に雨が降っていたり、にわか雨に打たれたり濡れて嬉しいことはあまりありません。

今回は「傘」についてご紹介していくのですが、傘の歴史は平安時代にまで遡ります。

あれ?ということは傘は平安時代から進化していない…!?

傘(簦・かさ、からかさ)とは、雨・雪・日光などが体に当たらないよう、頭上に広げ差しかざすもの。竹や金属などの骨に紙や布などを張り、柄をすえて開閉ができるようにしたもので、「笠」と区別するために「さしがさ」ともいう。「笠」とは同語源である。

「傘」は、上から降下してくるものに対して直被しないように防護する目的の用具で、一般には手に持って差しかけて使う用具の総称をさし、頭部に直接かぶって使う用具である「笠」と区別される。なお、ガーデンパラソルやマーケットパラソルなど携行を目的としない特殊な傘もあり、これらは地面に立てたり吊ったりして用いる。傘は現代においては、雨や雪などの降水時に体や持ち物を濡らさないために使うほか、夏季の強い日射を避けるために使うことも多い。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓

雑学

Posted by kuroko3