雨を凌ぐ技術が平安時代に発明された傘から全く進歩していない理由がこちら

映画やドラマの悲しいシーンでは、よく雨が降っていますね。それだけ雨は、多くの人々を憂鬱にさせるものとして世界中で認識されてきました。こうした気分をもたらす理由のひとつに、雨対策の煩わしさがあげられます。

普通、雨に濡れるのを防ぐ対策といえば、傘をさすか雨合羽を着る以外にはまずありません。傘をさせば片手が不自由になり、雨合羽は着脱が面倒と言われます。雨対策の面倒さは、そのまま私たちの雨嫌いにつながっているようです。

↓↓次のページに続く↓↓

雑学

Posted by kuroko3