紹介してもらった保育士の子がヤバかった…。保育士「こういうのどう?(シュコッニュプッ)」俺「もういれたい…」保育士「いい!全部そのまま出してぇぇ!!」→そして翌日…

2018年8月29日

俺がちょうど転職したころでした。

 

友人Sからひょんな電話を受けました。

 

S「俺の知り合いのさぁ、保育士がいるんだけど、相談乗ってやってくんね?」

 

俺「何かわからないけど、俺の番号伝えて。それって良い話?」

 

S「わかんね。でも俺だとかみさんが、女から電話かかってくると、結構まずい

 

んだよねぇー」

 

俺「はいはい。まぁ、そういう処理は任せておいて。」

 

S「ほんじゃーよろしくー。電話番号言っちゃっていいんだろ?」

 

俺「あぁ良いよ?」

 

と伝えた。何の相談だか知らんが、

 

 

来るもの拒まない俺の性分として、

 

そんな話を聞いちゃぁ、黙ってんらんない。

 

少しの不安と大きな期待を寄せて、電話を待った。

 

すると、友人Sと電話を切って、ほんの数分で電話がなった。

 

着信番号を見ると、まったく知らない。AUらしき番号だ。

 

俺は、あぁ、こいつかな?と思いつつ。電話に出た。

 

俺「もしもーし」

 

電話の人「もしもし?S君に言われて電話したんだけど。LOD君?」

 

俺「あー、Sの知り合いの子ね。

 

すみません。まだあいつに名前すら聞いてないんで、

↓LINEだと広告と分割無しで読むことが可能です↓↓

↓そのまま読む場合はコチラから↓

 
↓ 次のページへ ↓

物語

Posted by kuroko3