【希少】世界にほとんど存在しない「雷が落ちた時に作られる石」がこちら【画像あり】

奇跡的な造形!雷の石がこちら

毎日世界中で数百万回の落雷が発生しています。

私たち人間からすると恐怖の自然現象ですが、雷が落ちた時に形成される石をご存知ですか?

その石が形成される確率は奇跡的な数字だと言われています。

今回はリアル雷の石をご紹介します。

「落雷」の画像検索結果

落雷(らくらい)とは、帯電した積乱雲などと、主に地上物の間に発生する放電で、自然現象又は自然災害である雷の代表的な形態である。

落雷とは、雲の中の氷の粒が雲中の対流等により衝突、摩擦を生じ、それによって静電気同様に帯電、溜まった電荷がその状態解消のため、地面・水面及び地上物等に対して電荷の放出=放電を生じるものである。なお雲の中や他の雲との間で放電が生じるものは「雲放電」や「雲中放電」、「雲間放電」と呼ばれる。

空気の絶縁を破壊、放電が生じる程に電荷が蓄積するには雲中の対流運動等の激しさが条件になるため、積乱雲の直下や温暖前線・寒冷前線の通過時などに落雷が発生することが多い。特に、黒くみえる雲はその密度と厚さが大きく、かつ活発であることが多いため、概ね落雷の危険性を予見できる。

wiki

↓↓次のページに続く↓↓

雑学

Posted by kuroko3