【希少】世界にほとんど存在しない「雷が落ちた時に作られる石」がこちら【画像あり】

枝分かれしていることから植物の根にも似ており、表面は半分融解した砂の粒子でざらついている。だが、その内部は砂が急激に冷却され凝固したことにより、大抵は滑らかなガラス質だ。

 大きさや長さは落雷の長さや砂床の厚さ応じて変わる。平均的には直径2~5cm、長さ76cm以下であるが、5m近いものが発見されたこともある。また地面の中に貫通している閃電岩もあり、地下15mの場所まで刺さっていたものも発見されている。

↓↓次のページに続く↓↓

雑学

Posted by kuroko3