【希少】世界にほとんど存在しない「雷が落ちた時に作られる石」がこちら【画像あり】

閃電岩は岩石への落雷で形成されることもあり、この場合、表面を覆うガラスの殻のようなものや、岩石の亀裂に沿って血管のようなものができる。

 閃電岩については、1711年には記述があり、それ以来山頂からサハラ砂漠まで世界中で発見されている。宝石ではないが、非常に稀で学術的な価値を認められている。

 例えば、これが発見される場所の分布を調査することで、特定期間の雷雨活動の頻度が推測でき、過去の気候について理解を深めることができる。サハラ地域で発見された2億5,000万年前の閃電岩からは、この地域がかつては雷雨が頻繁に起きていた肥沃な土地であったことが確認された。

↓↓次のページに続く↓↓

雑学

Posted by kuroko3