ついにプレイステーション5が発売!8K画質対応で実写並みのプレイが可能

プレイステーション5がついに発売!?性能がとんでもないことに…

プレイステーション4の発売から5年近くが経ちました。

そろそろ後継機が発表されてもいいと思っている人も多いのでは?

プレイステーション4でゲームのスペックは頭打ちと言われていたりしましたが、実は後継機の存在が明らかになりました。

PlayStationは、1994年12月3日に発売された家庭用ゲーム機。発売元はソニー・コンピュータエンタテインメント。

据え置き型としては初めて累計出荷台数が1億台を突破した家庭用ゲーム機。

プレイステーションは発売時の希望小売価格は39,800円だったが、39,800円から29,800円、24,800円、19,800円、18,000円と段階的に値下げをしていき、最終的に15,000円まで値が下がった。

この値下げは、開発者の久夛良木健の戦略であり、後に技術の進歩により安価な値段で代替が効くパーツが生まれることを前提に、代替される可能性のある部分を最初からシステマティックにまとめて設計していたことにより可能になった。実際にプレイステーションはバージョンを重ねることに部品点数が削減されている。ただし、親会社であるソニーは家電業界的な発想から値下げに関しては大反対であったという。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓