BOSEが「耳に着けない」イヤホンを発売!音が自分だけに聞こえるぞ!!

耳に着けないイヤホンをBOSEが発売!

イヤホンは形状や音質など様々なものが発売されています。自分専用のイヤホンを作成することもでき、好きな形や色、音質を選んだりできます。

しかし、基本的には耳にはめ込むためイヤホンはイヤホンなのですが、スピーカー業界では知らない人はいないと思われるBOSEが耳に着けないイヤホンを発売しました。

イヤホン

インナーイヤー型
耳珠に引っ掛けるタイプ。日本国内で携帯プレーヤーを購入したときに付属してくることが多い。その多くが耳の形状に合うように設計されているため装着感が良く、スポーツなど激しい動きでも脱落しにくい。この形式には、比較的音漏れしやすい開放型が多い。

カナル型
外耳道(ear canal)を指し、耳の穴にインナーイヤー型よりも深く差し込んで使用する形式のヘッドフォン。構造上密閉型が多く、遮音性能が比較的良好なため、騒音のやや大きい場所でも音楽等を楽しめる。耳に合うかどうかは個人差があり、音質や装着感などにも大きく影響する。そのため外耳道挿入部が着脱式部品(イヤーピース)となっており、大きさの異なる複数の部品が付属する製品が多い。

耳掛け型・クリップ型
クリップを耳輪に引っ掛けるもの。コードをハウジング内に収納するモデルもあり、インナーイヤー型と比較して振動板面積が大きく取れる割りに非常にコンパクトで携帯に便利である。しかし耳輪に引っ掛けるため耳甲介腔に密着しにくく、音漏れしやすい。長時間使用すると耳介に痛みが出ることもある。パステルカラーのものやメッキのアクセントの入っているものなど、ファッション性を重視した製品も多い。

https://ja.wikipedia.org/

↓↓次のページに続く↓↓