PIC1-20141217132547

この事件は東京都足立区にある柳原病院で起こりました。

逮捕容疑は、5月10日の午後3時ごろ東京都足立区にある柳原病院で手術を受けた30代女性が手術後の診察として女性患者の胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いで準強制わいせつ行為の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは東京都文京区本駒込、医師、関根進容疑者(40)で逮捕後、関根容疑者は「やっていない」と容疑を否認してるようです。

 

・警視庁千住署の調べによると

関根容疑者は外科医で、この柳原病院には非常勤で勤務していました。

被害者の女性は当時、全身麻酔を使用し胸のしこりを取る手術を受けました。手術を終え麻酔から目が覚めたのですが、まだ麻酔は完全にキレてなく身動きがとれない状態でした。そこに逮捕された関根容疑者が現れ「傷口の確認のため」という理由で女性が着ている服をはだけるなど胸を触ったりとわいせつな行為をしました。

 

女性は務めていた会社の上司に連絡をしその連絡を受けた上司が110番通報。その後、女性は被害届を出しこの事件が明るみに出たんです。

 

・この事件で出てくる疑問

2

関根容疑者はやっていないと容疑を否認しているわけですが、手術後、傷口を確認するのはどの病院でも必ず行う工程の一つです。

女性が対応すればいいと思うのですが、実際に担当した医師が見る方が確実なのは間違いありません。どのような感じで触られたのかは、分かっていませんが手術で実際に胸も見せているわけですし、意識が戻り男性に胸を見せるのに抵抗があるならそういうふうに前もって伝えることもできたはずです。訴えるというのはやりすぎな気が・・・。

 

そしてその逆で、関根容疑者が相手が女性で「触りたい」という意思があったとしたら・・・。

ドラマなどにありそうな事件になってしまいます。身動きができない相手の体を触る医師なんて考えるだけでも女性は特に怖いですよね(:_;)

手術中は全身麻酔で意識も完全になくなるので何の問題もないですが、麻酔から覚め意識が戻った女性の胸を見るのは少し違います。

相手はあくまでも女性なわけですから医師の方から気を使って傷口確認は女性医師に任せることも可能だと思いますし、女性患者には特にその辺の気を使ってあげていいと思います。

色んな不安を抱えてやってきているのは患者の方ですので病院側はその不安を少しでも取り除けるような完璧な対応をしてあげないとこのような事件に繋がってしまうという事ですね。

 

・結論

3

容疑をかけられている関根容疑者。詳しい詳細はあまり出ていないのですが、わざわざ訴えているわけですので被害者女性は関根容疑者が「女性の胸を触りたい」と思っているように見え傷口確認という理由でそのような行為をしたというように感じたのでしょう。

どこの病院で起こっておかしくないようなこの事件ですが、やはり女性患者には特に気を使ってあげないと、知らない男性に体を見せるというだけで不安は拡大してしまうのでそこら辺の対応は十分にしてほしいものです。

どのような判決が下されるのでしょう!!!

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



4